マンションを貸す際の家賃相場について

自然災害時の耐久性も気になるところ

地震や雨などの自然災害時の耐久性も気になるところです。
また、築年数が経っている物件はその分多くの人が入居しているので、物件汚れ等も築年数の若い物件に比べ激しいです。
そういった面から、いくら同じ設備、同じ間取り、同じ立地だとしても、築年数が若い物件に比べるとどうしても家賃が低めになってしまいます。
他も同様で、例えば同じ築年数、同じ設備、同じ間取りだったとしても、片方は駅から歩いて5分で近くにコンビニやスーパーもある、もう片方は駅から歩いて15分で近くにコンビニやスーパーも無いとなってしまうと、やはり後者の物件の方が家賃は低くなってしまいがちです。
適切な家賃を設定するにはまず自分の物件の築年数、設備、間取り、立地等をしっかりと把握し、その上で一番条件の近い物件を参考にするのがいいでしょう。
では家賃を少しでも高く設定にするにはどうしたらいいでしょうか。
それはずばり、設備を整え、清掃することです。
築年数の経っている物件の場合は特にですが、設備が今のニーズに合っていない場合が多いです。
そうなってしまうとどうしても内見者等も減ってしまい、結果元々低い家賃をさらに低く設定しなければならなくなってしまったりもします。

マンションを貸す際の家賃設定は重要 | 自然災害時の耐久性も気になるところ | きるだけ高い家賃を設定するには

マンション貸すには | 【マンション売却の達人】中古不動産の査定額を上げ高く売る