マンションを貸す際の家賃相場について

マンションを貸す際の家賃設定は重要

マンションを貸す際、家賃の設定はかなり重要になってきます。
オーナー側としては少しでも高く家賃を設定したいのが本音ですが、そうもいかないのが苦しいところです。
だからと言って安すぎても、今度はオーナー側の生活がかかってますし、安すぎるのも逆に何かあるんじゃないかと疑われてしまうことも多いので物件の質にあった家賃にする必要があります。
しかし、物件の質にあった家賃というのもなかなか難しいんですよね。
じゃあ、他のマンション経営者たちは家賃設定の際どのようにしているのでしょうか。
まず第一に、その地域の家賃相場を調べます。
例えば首都圏で1Kだったら場所によって1月6万円前後の家賃が相場だったりします。
逆に、メイン都市から少し離れただけで1Kが4〜5万円に下がったりもします。
その物件がある地域の相場がまずいくらぐらいなのか、調べる必要があるでしょう。
地域相場がわかったら、今度は築年数や設備、間取りや立地などの相場も調べておきましょう。
マンションの家賃には地域とは別に、築年数や設備、立地、間取りでも家賃が大きく変わってきます。
例えば築年数が20年以上経っているものなどはその分築年数の若い物件に比べてデザインも建築されたその当時のものだったり、材質が木造だったり、老朽化が始まっていたりします。

マンションを貸す際の家賃設定は重要 | 自然災害時の耐久性も気になるところ | きるだけ高い家賃を設定するには